「刺子」


 
 
刺子は布や衣服の補強のために生まれた市民の知恵。
 
 
冬の厳しい東北地域でよく用いられてきたこの技法は、縫うことで布の強度を増すと同時に、防寒にもなるため、縫い目の紋様に安全祈願などの願いがこめられ、やがてそのものがお守りとしての意味になりました。
 
その発祥は古く、今から500年ほど前、16世紀ごろには作られ始めていたそうです。
全国各地で見られるため、はっきりとした発祥の地は定まっていませんが、津軽のこぎん刺しや南部の菱刺し、山形の庄内刺子などが有名です。
 
日本の風土が生んだ、生活に根差した馴染み深い技法だと言えます。
現在でも柔道着や消防士の半被などに使われているので、今でも私たちの暮らしと密接な関わりがあります。
 
 
 

※画像はイメージです。
 
 

その刺子の技法を取り入れて作られているのが「布製ケース」シリーズの刺子柄。
 
江戸時代から続く老舗染め物店「越後亀紺屋 藤岡染工場」とのコラボレーションで生まれたこちらの商品は、鮮やかに染められた布地に細かい刺子が施されています。
 
 
 

 

 
 

新しい生活アイテムであるマスクケースですが、
伝統の染物と刺子の技法で、手に持った際どこか温かみを感じられる商品になっています。
 
刺子の定番である「紺色」のほかに、新しく「あさぎ色」を新たにリリース。
涼やかに流れる川面の色をイメージした鮮やかな青緑色が暑い夏にもぴったりです。
 
こちらの布製ケースはオンラインストアからもお求めいただけます。
生活の中に日本の伝統技法を取り入れてみるのはいかがでしょうか。
 
 
オンラインストアはこちら:布製ケース(刺子)あさぎ色
             布製ケース(刺子)紺