「市松」


 
碁盤の目状に二色の四角が途切れることなく続く市松模様。
 
 
その延々と続く模様から「繁栄」の意味を持ち、子孫繁栄や事業拡大などの縁起を担いだ柄として好まれてきました。

今では「市松模様」として定着している呼び名も、実は元々の名前ではないのをご存じでしょうか。

市松模様と呼ばれるようになったのは江戸時代中期。
歌舞伎役者の初代佐野川市松が「心中万年草(高野心中)」という演目の中で、白と紺の市松模様の袴(はかま)を着ていたことから市民の間で流行し、
いつしかその名を取って「市松」模様と呼ばれるようになりました。
それ以前は四角い模様が敷石のように敷き詰められていることから「石畳(いしだたみ)」と呼ばれていたそうです。
 
 
以降、現代に至っても東京2020オリンピックのエンブレムに起用されるなど
長きにわたって使い続けられているその様子は、市松模様に込められた「繁栄」の願いそのものを表しているようです。
 
 
 
私たちの制作した「布製ケース」シリーズにも、安全が長く続くようにと
市松模様を採用しました。
 

 

 
色は市松模様の名の始まりでもある伝統的な紺色と、
夕日に照らされた稲穂のような山吹色の2色。
 
ベースには接触冷感作用のあるテオル生地を使っているので触れるとひんやりと心地よく、夏にはぴったりな商品です。
 
 
 

薄型で鞄に入れやすく、持ち歩きに便利なサイズになっています。
 
 
 
縁起ものの柄を使用した新しい生活アイテム。大切な人への贈り物にもいかがでしょうか。
 
 
こちらの布製ケースはオンラインストアからもお求めいただけます。
オンラインストアはこちら:布製ケース(市松) 紺
             布製ケース(市松)山吹