陶器と磁器


陶器:無名異

 

〈 陶器と磁器の違いについて 〉

陶磁器という言葉を聞いたことがある方も多くいらっしゃると思いますが、
「陶器」と「磁器」には違いがあります。
大きな違いは原材料と焼成温度にあるのですが、今回はもう少し詳しく お話します。

 

【 陶器  】

陶器:恒炎

 

主な原料は陶土(粘土)です。 ”土物”とも呼ばれます。
800~1200度で焼きます。焼成温度がそれほど高くないので、
磁器にくらべ柔らかく、吸水性があります。

熱しにくく、冷めにくい。熱伝導率は低い。

厚手で重みがあり、たたくと鈍い響きがします。

※日本の有名陶器の一例
・美濃 ・瀬戸 ・唐津 ・益子 ・常滑 ・信楽 ・萩 ・萬古 ・備前

※新潟産陶器には ・無名異焼(佐渡市) ・庵地焼(阿賀野市) ・村松焼(五泉市)があります。
無名異焼は弊社店頭にもご用意がありますので、ぜひご覧になってください。温かみのある器肌と唯一無二の色合いです。

 

 

【 磁器 】

磁器:EDEN スノーフラワー

 

主な原料は陶石を粉砕した石粉です。 ”石物”とも呼ばれます。
1200~1400度で焼きます。焼成温度が高いので、焼き締りガラス化
しているので、吸水性はほとんどありません。

熱しやすく、冷めやすい。

薄手で軽く、たたくと金属音(高音)が響きます。

※日本の有名磁器の一例
・有田 ・九谷 ・砥部 ・波佐見

※海外の有名なマイセンやリモージュも磁器です。

 

簡単にお話しましたが、面倒な話はさておき、焼物は私たちの毎日の食卓を彩り、食事をより愉しくしてくれます。
インテリアにも使われ、住空間をより素敵にしてくれますね。

良質な物や愛着のある物を、永く大切に使うことは、生活を豊かにしてくれる
気がします。
ぜひ皆様のお気に入りの焼物を見つけてほしいと思います。