ビールグラス


 
 
コロナ禍で、外に飲みに行くことが減り、家で飲む機会が増えた方も多いのではないでしょうか?
仕事終わりの疲れた体に、まずはビールで一息!
一日のご褒美のビールもどうせ飲むなら美味しく飲みたいですよね。
 
 
そこで今回は、ビールグラスについてお話します。
 
ビールグラスといってもいろいろなタイプがありますが、
ガラス製のグラスはビールの色と泡を目で楽しむのに最適です。
 
またグラスの形によって、香りがより増したり泡がきめ細やかになるなどの違いがあり、ビールの特長に合わせたグラスを選べば、さらにおいしさを楽しむことができます。
 
 
 
例えば、ピルスナーは細長いタイプのグラスがおススメです。
キリっとしてさわやかな苦みをひきたてます。

 
 
 
香りや味わいをゆっくり楽しみたいエールビールなら、ワイングラスのような形をしているチューリップ型。
グラスの中に香りが溜まりやすいのでおススメです。

 
 
 
そして、中でもおすすめなのが『うすはりグラス』
『うすはりグラス』は、老舗ガラスメーカーの松徳硝子で作られた非常に薄いビールグラスです。
熟練の技術で、0.9ミリという究極の薄さ。
唇にグラスが触れた時の感触が少なく、ビールの味をストレートに味わうことができます。
サイズも、一口ビールサイズから、350mlの缶ビールが1本入るサイズまであります。

 
 
 
「薄いから、扱いかたが心配で…」
と、思われるかたの為に、末永くご愛用頂くためお手入れの際の注意点をお伝えします。
 
  一つめは、他の食器とは別にして、中性洗剤で優しく手洗いする。
  (食洗機は、お控えください。)

  二つ目は、内側から力を入れて、ひねり洗いいすると、破損しやすいので、
  柄付きのスポンジ等がオススメです。
 
  
今回、ご紹介した『うすはりグラス』は、ショールームにて、お買い求めいただけます。
 
お気に入りのグラスを見つけて、秋の夜長の一杯を楽しみませんか?