深い紫の平皿「アースカラープレート/パープル」

カップボードコラム。
今回は人気のシリーズ「アースカラープレート」のパープルをご紹介いたします。

繊細な貫入が美しい色変わりの器『アースカラープレート/パープル』

OHASHIブランドの中でも初期の頃から連綿と続くこのシリーズ。その後も様々な器をリリースしてきましたが、その突き抜けるような鮮やかな色味は今なお唯一無二の存在感を放っています。

このシリーズの特徴は、前述の「鮮やかな色味」と「表面を走る繊細な貫入」。

まるで薄氷のようなこのヒビ割れ模様は、ともすれば単調になりがちな器面に適切な情報量を与え、引き締める効果を持ちます。

写真技術の上がった現代であれば印刷や転写などで似た物も作れるかもしれませんが、平面的で均一なそれらと表面のわずかでも厚みを持った釉面が実際にヒビ割れているのでは、放つ緊張感が異なります。それは貫入が物理的に「入るべくして入った」必然の現象だから。

アースカラーシリーズは、その名の通り「自然の色」をモチーフにしています。

ープルは果実などの「恵みの色」。食べ物は口にすれば一瞬ですが、そこに至るまでには農家の方や畜産家の方の手間や思いなどの「積み重ねた時間」が凝縮されています。もっと辿れば、それを食べれるように品種改良を続けてくれた祖先たちの存在があります。

日常に身を置くと、つい自分が独立した存在のように感じてしまいますが、実際にはそうした人類の営みの連綿とした積み重ねの上に乗っていて、自分の行いもまたどこかで誰かの助けになっているのかもしれないと思うと、見えないつながりのようなものを感じます。

そんな身近でありながら、尊い存在である「食べ物の恵み」への感謝が、この色のコンセプト。

便宜上、「パープル」としていますが、見方によっては赤味が強い蘇芳色(すおういろ)にも、茶色味を感じる鳶色(とびいろ)にも、ブドウのような葡萄色(えびいろ)にも見える、なんとも形容しがたい深い色をしています。

アースカラーシリーズの中でも暗めの色なので、食材の色を強調しやすいという効果もあります。

私たちにとっても思い入れの強いこのシリーズ。ぜひ実物を手にご覧いただきたい一皿です。

 
 

オンラインストアでもお求めいただけます。
サイズ違いのものもございます。(生地が違うので発色は異なります。)