黒墨をつかった枝豆のビシソワーズ

新潟は昨日からクーラーがなくても過ごせるぐらいの暑さでしたが、まだまだ暑さが厳しい夏が続きそうですね。

そんな夏に涼しい料理として、ひんやりした食事としてビシソワーズを作ってみました。
新潟は枝豆の産地としても有名で、家庭内消費もとても多いですね。実際にスーパーに行くと、野菜売り場ではメインで売られていたりします。

茹でるが一番ですが、その他の食べ方がないか考えビシソワーズを作ってみることにしました。

工程は薄皮をとって、フードプロセッサにいれて、裏ごしして、コンソメスープと塩胡椒で味をととのえるだけと簡単です。

 

枝豆の薄皮を向いたところフードプロセッサで撹拌したところ裏ごし作業牛乳とコンソメスープ

粗熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やします。

今回利用する器は黒墨ハット型ボウルです。これも冷蔵庫に入れて冷たくして盛り付けました。

黒墨(くろすみ)ハット型ボウル

黒墨(くろすみ)ハット型ボウル

器もひんやり、涼しい料理ができました。

黒墨(くろすみ)はオンラインショップでも販売中。
オンラインショップではWEB限定セールを開催しています。