燕三条トレードショウと燕三条イタリアンBitレポート

先週のお話になりますが、燕三条で開催されていた「燕三条トレードショウ」に参加してきましたので簡単なレポートを紹介したいと思います。

開催場所は燕三条にある燕三条地場産業振興センター

燕三条駅からも近く、新幹線で気軽に行くことができます。

入場時にはしっかりと感染対策がされていて、安心して会場入りできました。
今回は全体的にアウトドアに関する商品の出展が印象的でした。

※会場奥で大きくスペースを利用していたアウトドアエリアの様子

個人的に気になった製品を少し紹介。

 

 

玉虎堂製作所様の商品
見た目のデザインが可愛い「KALINKA(カリンカ)急須
南部鉄器のような見た目ですが、材質はステンレスで軽くカラーバリエーションも素敵でした。

山崎金属工業様の「スープ賢人」。以前のシリーズでも「カレー賢人」という商品が有名でしたが、今回はスープに特化したスプーンを制作されていました。

何気なく利用しているスプーンですが、人間生活工学認証を取得されるまでの開発を進められ、いよいよ製品化されたとのこと。

詳しくは、こちらのリンクで開発経緯を読むことができます。

他にも多くの興味深い商品がならび、とても得るものが多かった展示会でした。

そして、、急に話は代わり。。。
燕三条といえば、燕三条地場産業振興センターといえば、、

そう、燕三条イタリアンBit 燕三条本店
せっかくなので、ランチは豪華にBitさんでいただきました。

店内はランチ時間になると、あっという間に満席状態。大変な人気です。
席を待つ間に店内を見回すと。。

燕三条の様々な製品が置かれていて、まるで美術展のような輝きです。
ちなみに、Bitさんの商品はオンラインサイトでも購入できるようです。
燕三条イタリアンBitコラボ 包丁

案内いただいた席はなんと、キッチン前の特等席でした!
シェフのみなさんが手際よく料理をされる姿を見ることができました。
気になる料理は。。

メインには、三条 下田豚の低温調理グリルを頂きました。
味はもうレポートなんていりません、ただただ美味しくいただきました。

多くのことを学び、おいしい食事をいただけた至福の展示会参加でしたw